知恵の京都オススメ散歩道(3)


[戻る]


哲学の道、北は銀閣寺、南は若王子までの2kmほどの小道です。
名前の由来は、はじめ文人の道と呼ばれ、後に、京大に近く、哲学者や学者が好んで歩く道を誰となく哲学の道と呼ぶようになった説や、哲学者、西田幾太郎に愛されたことに由来しています。
関雪桜が咲き春爛漫に、可愛い花びらを撒き散らし、哲学の道保勝会の皆さんによって植えられた三椏(ミツマタ、ジンチョウゲ科)の黄色い花が脇を染めています。
初夏 哲学の道の夏の夜、小さな光の演出!
源氏ホタルたちがやわらかな光を放ってくれます。
私は、毎年楽しみにしています。(^-^)(5月中旬から6月下旬)
盛夏 皆さんご存知の大文字の送り火、この日銀閣寺は無料開放となります。
点火し始め、だんだんくっきりと大の字が浮かび始め、そして消えて行く山の姿を見ていると自然と手を合わせてしまいます。
大文字の送り火が終わると夏もおわりだなあと感じますね。(8月16日PM8時点火)
まだ見たことない方ぜひ・・・感動です。
文句無しの紅葉のきれいさ・・・
京はどこもオススメですが、 小道の紅葉、なんかとてもしみじみ良いのです。
あなたのお気に入り紅葉スポット上位にもちろん入るでしょうね。
八瀬の紅葉。
立ち枯れの侘しさが心に染みる冬、人もまばらで、あったかくして大切な人と歩いてみませんか?
キーンと底冷えの京の冬、自然と寄り添ってHOTな気持ちになって、つべたい(冷たい)空気がほっぺたにここちよいです。
京の冬の楽しみ方のひとつです。(^-^)雪景色のこの小道もきれいなんです。


銀閣寺と哲学の道を歩きましょ。
白川通りと今出川通りの交差点。銀閣寺道を東に入り(大文字山側ですよ)交番の斜め前にある橋本関雪記念館を見てから、哲学の道を越え、先の銀閣寺拝観し、その後哲学の道に入りましょう。
市バス(5)(17) 特5 快5。 京阪バス(57)。京都バス(51)銀閣寺道下車

哲学の道地図

橋本関雪記念館
橋本関雪記念館 :日本画家橋本関雪の邸宅兼アトリエ。50畳の大画室、茶室問魚亭などの建築物、
石灯籠、石仏を配し大文字山を借景した池泉回遊式庭園。個人でこれを造ったなんてすごすぎる!見なきゃ駄目ですよ。
10:00-17:00 無休 800円 TEL075-751-0446

銀閣寺門
銀閣寺 :ほんとの名前は、慈照寺です。つばきの銀閣寺垣を抜けると、中国西湖のさざなみを表現した銀沙灘と向月台が目に入ります。足利義政が、政治も家族も遠ざけて遊興三昧の隠居生活を過ごしたところ。
能、茶の湯、立花、連歌、作庭の芸術が一斉に花開いた東山文化の始まりのゆかりの地なんです。
8:30-17:00 一般500円 小 中 300円 TEL075-771-5725
では、おまたせしました!哲学の道を行くとしますか・・・
疎水沿いの小道を季節を感じながら行きましょう。北から順番に・・・

法然院
法然院 :法然上人が開いた草庵。建永の法難によって絶えていた地に1680年中国魯山の白蓮社の遺風にのっとり造営されたもの。
文人、学者のお墓が多く谷崎潤一郎も紅枝垂桜の下に眠っています。
6:00-16:00 境内は随時 075-771-5158
(4月11月第一週特別拝観600円9:30-16:00)

安楽寺
安楽寺 :法然の弟子住蓮と安楽が専修念仏の道場として草庵を結んだのが始まり、後鳥羽上皇の寵姫、松虫、鈴虫が尼僧になったことで、上皇の怒りを受ける。これが建永の法難である。悲しい物語が残る草庵。
でも現在では、江戸時代から続くかぼちゃ供養(7/25)というユニークな行事でも知られる。桜、つつじ、さつき、紅葉の時期の土日のみ拝観できます。
9:30-16:30 400円 拝観日確認してね TEL075-771-5360

霊鑑寺
霊鑑寺 :代々皇女が住職を務めた臨済宗の門跡尼院、明治時代まで皇女が住持していたそうです。御所人形、貝あわせなど、回遊式庭園には、数種の名椿、沙羅双樹などが見られるそうですが、原則的に非公開特別拝観のみだそうです。TEL075-771-4040

大豊神社
大豊神社 :大豊橋を渡り、八角柱の白い鳥居をくぐると珍しい高麗ねずみが愛らしい顔で迎えてくれます。椿の名所。
3月−4月のしだれ紅梅も必見!
随時 5月第2日曜日例祭 TEL075-771-1351

若王子
若王子 :熊野若王子神社、京都三熊野の一つ平安時代に紀州の熊野権現を観請した社。
足利尊氏や義政が花見をしたという記録もあるくらいの花見の名所です。随時 TEL075-771-7420
若王子から永観堂(見返り阿弥陀、紅葉の名所)岡崎にぬけるか、大豊神社から白川通りに出て,真如堂(桜紅葉の名所)にもぜひ行ってください。散策にはちょうど良い距離と思います。

アッサム紅茶専門店



アッサム店内
哲学の道周辺の素敵なお店

今回の散歩で発見した素敵なお店です。哲学の道一本西の鹿ヶ谷通り(ししがたに)市営駐車場ならびにあるアッサム紅茶専門店です。98年冬にOPENしたお店です。出口店長さんがこだわった紅茶をポットサービスで出してくれます。
お客様に本物の紅茶を飲んでもらいたくて、自分の足で探し、今の紅茶に出会ったそうです。
お勧めは、シーズンティーのジャパナ 、クローナル種のサンマなどだそうです。
それぞれどんな味か、説明が添えてありますが、25種類以上もバリエーションあるので、店長さんに聞いた方が確かです。
ゴージャスクラブサンドもなかなかいけました。
観光地ですが、皆さんが行く頃には地元っ子の溜まり場になっていると思います。
ティーハウス アッサム 9:30-18:30 木曜日休 TEL075-751-5539

沙羅双樹
次は私に似つかわしくないのですが・・・ジュエリー沙羅双樹さん。オリジナルジュエリーを手作りしているお店です。
HPもあります。可愛くて、オシャレです。
こちらも鹿ヶ谷通りにあります。哲学の道散策の時に覗いてみて下さい。
次にご紹介するお店は、すし甚さん お寿司屋さんって敷居が高いでしょ?
ここは、落ち着いたふいんきのカウンターで、感じのよい気さくな板前さんばかりです。
気後れせずにリラックスできます。いつも満席で、順番待ちです。家族連れが多いのはネタのよさと値段の安さだと思います。
安心しておいしいお寿司を食べれます。お座敷もあるけれど、カウンターに座る方が楽しいです。
7:100-24:30 第二第三水曜日休 TEL075-751-7574

實徳
手を抜いたわけじゃありませんが(^−^)すし甚さんのお隣を覗いてみました。
京都の女の子は良く知ってる店です。
SECOND HOUSE銀閣寺店 たくさんの種類のパスタとオリジナルケーキの数々、ドリンク類も充実しています。
1000円くらいで、パスタもケーキも楽しめる、欲張りな女の子の気持ちを分かってくれるお店です。
11:30−23:30 無休 TEL075−752−9004


おそば好きなら、おすすめ!アッサムの店長出口さんがおいしいと勧めてくださった手打ち蕎麦實徳(みのり)さん、すし甚、SECOND HOUSEを背にして左(西)に進み反対車線側(北側)にあります。ファミリーマートとなりの小さなお店です。
ぼっち盛という、ざるに、水をきらずに分けて盛る戸隠そば独特のスタイルです。平日お昼休憩に手打ち蕎麦教室を開くほど意気込みがあります。
昼12:00-14:00 夜18:00-21:30 日曜日休 祝日は昼のみ営業
今回のコース、リーズナブルなお値段で良いものを提供しているお店を覗いてみました。いかがでしょうか?また良いもの、面白いもの探してきます。
掲載したお店から、お金を頂いたわけでもありませんし、サービスの約束も頂いておりませんが、エクラの藤本のページを見てきたとおっしゃって下さいね。そういう方がたくさんおられましたら、何かサービスしていただけるかも知れませんし、そのように交渉したいと思います。(^^)


[戻る]


count:38303435


LinkExchange Japan
LinkExchange Japan Member

CSJ Banner Exchange